メニュー 閉じる

Blog

クッキーFIP闘病記録

クッキー|ひだまり号

おはようございます。
先日、レオンが亡くなった時、側に寄り添っていたクッキーです。
どうもFIPの可能性が濃厚になってしまいました。
ICUに入れていてもこの病気には勝てない!

皆さんは、ご自分の愛猫がFIPになったら、どうされますか?
もし、何パーセントかでも治る薬があるとしたら、どうしますか?

どんどん弱っていく我が子を見守るしか出来ないのは本当に辛いです。

私は保護猫カフェの猫たちを我が子にもっています。この病気になる子は、これからも現れるかもしれません。
今までにも10匹以上の子を見送りました。ひかり、キキ…

その度に何十万もかかる治療をしていたら、ひだまり号は潰れてしまう!それは分かっています。
でも、私は見て見ぬ振りは、どうしても出来ない!私にとって彼らは我が子ですから。

それで、アメリカの新薬を個人輸入して治療をすることにしました。
明日、その薬が届く予定です。

店の先のことは考えられない。
今、目の前で苦しんでいるクッキーしか見えない。

経営者としては失格な選択です。
でも、クッキーの命を守りたい!
治る可能性があるなら、信じたい!

私の気持ちをわかってくださる方はいるのでしょうか?

関連記事