メニュー 閉じる

Blog

定期支援ページ完成のお知らせ

ひだまり号|保護猫たち

Stripe を利用した定期支援が実現!

毎月少額からの定期支援が可能となりました。

保護猫カフェひだまり号は、一般の夫婦が2人で営んでいるものです。保護猫たちを育てていくには、餌代の他に病院代等も沢山かかります。
行政からの支援もありません。
保護猫活動、殺処分ゼロ、に関心のある方。猫好きの方。共感していただけましたら、ご支援にご協力ください。宜しくお願いします。

助かる命であれば助けたい

目の見えない赤ちゃんから育てる事は容易ではありません。未熟で免疫力も弱いので色んな病気にかかりやすいです。この1年半の間に何匹もの猫を見送って来ました。私は助かる命なら助けてあげたいのです。沢山の皆さんからご支援をいただき、その為に自宅の3階を改装し隔離部屋も6月に作りました。その時にICUも完備しました。突然、呼吸状態がおかしくなった猫や低体温の猫をICUで管理することによって何匹もの命を救って参りました。

毎月の病院代

保護猫カフェという環境上どうしても感染してしまう事が避けられません。その為、毎月の病院代も30〜50万円にのぼります。健康状態を悪化させた状態で里親さんにお渡しする事のないよう、風邪、胃腸炎などの病気も治療します。そして中にはエイズ、脳神経による足のフラつき、FIPなどの病気の猫もおります。現在3匹のFIPの猫がおります。

FIPとの闘い

クッキーは、毎日1,000mgを投薬しなければなりません。その金額は、約22.990円。ふくは、250mg 約6.050円。さすけは、約4.840円。何故 量が違うのかというとFIPのタイプ、体重などによって違うのです。1日に合計 約33.880円もの薬代が必要です。無茶な金額だと思います。しかし、彼らにも平等に治療をしてやりたいんです。

行政からの支援

名古屋市が収容した猫のお世話をしておりますが、行政からの病気に対する支援は一切ありません。全て自己負担で賄っております。その為、カフェの利益だけではエサ代だけで終わってしまい病院費用まで回りません。名古屋市の掲げる殺処分ゼロの手助けをする為、この活動を始め1日15時間以上の労働時間を夫婦でこなしております。

皆様からのご支援が必要です。

ご支援金の使い道

ご支援いただいたお金は、今までの治療費、今後の治療費に当てさせていただきます。

病院代 60匹 1ヶ月約 50万円
FIP治療 1日約33.880円×84日 2845.920円
風邪薬、胃腸薬、真菌薬、血液検査、レントゲン、エコー検査等
治療食

是非皆様のお力をお貸しください!
よろしくお願いします。

支援連絡フォーム

メニューにない金額のご支援はこちらの「支援連絡フォーム」からご相談ください。
支援ページのメニューに追加するか、メールからご支援のご案内をいたします。

関連記事